雇う側、雇われる側から見た期間工のメリット

期間工は三年未満の契約年数で、一時的に従業員として働いてもらえる人材を、企業が直接雇用しています。
まれに派遣社員の期間工というのもありますが、雇う側は人材の質や給料の点で問題が発生しやすく、雇われる側も安定して働くことができない可能性があるので、最近ではあまり積極的に活用されていません。

雇う側からみた場合、期間工は流動性のある労働力として魅力的です。

派遣社員の場合は、派遣先の会社から社員のがやってくるため、専門の派遣会社などでなければ、どのような人材が来るのか不明な部分がありました。

評判が高い朝日新聞デジタルを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

しかし期間工なら、企業が直接雇用するので、実際に面接などで人材の選定を行うことができ、働く人の質を保つことができるというメリットがあります。


雇われる側から見た場合、派遣ではなく直接働く企業に雇用してもらえるというメリットがあります。



これは派遣会社による中間マージンなどの中抜きがないため、本人が受け取れる給料が多くなります。



また期間限定ですが、正社員と同じ扱いとなるため、福利厚生などもしっかり受け取ることができます。

万が一不景気になったときは、派遣社員なら人員調整のために解雇されますが、期間工はそのような心配はありません。

また満期までしっかり働いた場合、ボーナスを出す企業もあり、雇われる側のメリットはあなり大きいです。

このように魅力的な部分が多く、双方の利害関係が位置しているため、企業側からも雇用される側からも重宝されています。