ネット証券と証券会社の違いの比較

ネット証券とはインターネットでの取引を前提とした証券会社のことで、従来の証券会社とは区別されます。

ネット証券はインターネットが普及し始めた1990年代末頃から登場し、2000年代にはスタンダードな証券会社の形態となって、現在では誰でも気軽に株式投資が出来ることから庶民向けの証券会社として普及しています。

従来の証券会社との比較としては、インターネットを利用した売買であるため取引が早いほかにも手数料が安いといった違いがあります。

従来の証券会社であれば1回の取引では数千円の手数料を支払う必要がありましたが、ネット証券では数百円程度になります。またパソコンを通じて売買の指示を出すため、電話取り次ぎなどと比較してもはやく取引をすることができます。

このためネット証券の登場によって1日単位の取引であるデイトレードが可能となっています。またネット証券と従来の証券会社と比較すると、取り扱い商品が豊富という点もあります。

特に大手では、ネット銀行と組み合わせることで総合的な金融機関として機能しているとこもあります。このため株式投資やFX取引から預貯金やローンまで幅広く扱っており、それらをひとつで行うことができます。

ひとつで行うことで、証券口座への資金移動がしやすくなり活発な取引を行うことができるメリットがあります。

またサポートに力を入れているところもあり、従来の証券会社と変わらないサービスを受けられるところもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です