ネット証券を選ぶときに比較したい2つのポイント

銀行に預金をしていても利子がほとんどつかない、働いていても収入が上がらず将来に不安を感じている、このような状況のときにアベノミクスで株価が2万円を超えたとのニュースを聞いて株取引とはどのようなものだろうと興味を持たれた方もいるでしょう。

これから株取引を始めようとする方の最初のステップである証券会社の選び方を紹介します。株取引をするにはまず証券会社に口座を開かなければなりません。証券会社には店舗型証券とネット証券があります。

店舗型証券は実際に店舗を構え、顧客は店舗に出向いたり電話でやりとりをして株取引を行います。対してネット証券ではパソコンやスマートフォンを自分で操作して株取引を行います。この両者の違いはなんといっても取引手数料です。ネット証券は店舗型と違い建物が必要なく、人件費も抑えられているため取引手数料がかなり抑えられています。

そのためこれから株取引を始めたい方にはネット証券をお勧めします。ネット証券の中でも各証券会社で取引手数料に差があり、比較する際の大きなポイントになります。1度の取引が10万円を超えない場合の取引手数料が100円を切る証券会社もあれば、200円を超える証券会社があります。

手数料に関してはインターネット上にたくさんの比較サイトがあるので参考にしてください。それから証券会社を比較する際に大事なポイントは取引ツールです。各証券会社がオリジナルの取引ツールを提供しています。

この取引ツールを使って取引をしますので使いやすいものを選ぶ必要があります。複数の証券会社で口座を開いて、最も使いやすいツールの証券会社で取引を行うのもひとつの手だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です